上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100227海の博物館1

100227海の博物館8

100227海の博物館4

100227海の博物館5

100227海の博物館6

100227海の博物館7

100227海の博物館9

100227海の博物館3

100227海の博物館2

海の博物館にいってきました。前の夜は結局眠れず、朝6:00の新幹線に乗りこみました。
やっぱりすごかった。とりあえず、行ってみるべきです。

建っているのは三重県鳥羽市。一度も行ったことのなかった日本の中腹部。さらに鳥羽駅からタクシーで20分4300円。このあたりは、リアス式海岸の続く土地。海沿いの山のなかをくねくねと進む車中では、小さな島や、岬、漁場、養殖場、昔は漁村であったであろう小さな村。近くに伊勢神宮が建つのも納得できるような土地でした。

そこに建つ海の博物館。展示棟、研究棟、収蔵庫が段階的につくられ、その敷地に潜む集落のように建っていました。展示棟は、ヨーロッパの駅舎のような大らかな作り。ただ、ヨーロッパの駅舎のほとんどが鉄骨であるのに対し、ここでは木造で空間の骨格がつくられており、ボリュームも駅舎よりは小さめ。駅舎と言えば内藤廣氏は、日向駅をつくっていますが、そこでは杉とスティールの混構造が使われていましたが、ここでは、木のみが使われていました。「蛇の骨」のような構造システムで応力を上部に集めているために、足下が軽快で、外の風景や水面がうまく取りこまれていました。収蔵庫は、圧巻。そこに眠っている船たちがつくるひんやりとした空気が漂っていました。よく解説でタナトスと言う言葉が使われていますが、僕の印象では、死と言うよりも、眠りに近い。かなり昔のことであっても、その船が使われていたことがありありとイメージできるし、この倉庫のような空間に一時的に眠らされているようにしか思えなかったことが影響していると言えます。ちなみにここは塩害を防ぐためにプレキャスト・コンクリート造。だから、ひんやりしているし、音もシーンと聞こえるかのように空気が張り詰めている。

この建物は学会賞など多数の賞を取っているし、改めて言うまでもなく素晴らしい建築です。プロジェクトとしてももちろんすごい。さまざまな条件下で生みだされた「素形」と言う言葉を内藤氏は用いていますが、その素形は多くの時間を含ませることができるようにそこにありました。勇気がでました。ありがとうございました。
スポンサーサイト
100211brutus.jpg

BRUTUSの吉本隆明特集を買いました。気になってはいたけど、まったく手が出なかったので入門にと思い読んでみました。何かとてつもなく難しいことを考えているんだろうなという先入観をどうしても持ってしまいますが、そうではなくて、普通の人が、いつも何かにつけて考えて悩んでを繰り返していることを、途中で「あー、ややこしい、ぽいっ」って投げ出さずに、考え続けている人が、いるんだなというのが素直な感想。それをずーっと続けてる。考えることに楽しさを見いだしてずっと考えるている吉本さんの言葉は、少しだけ僕を遠くに連れて行ってくれて、何かをわかった気にしてくれます。より複雑な問題でも、自分のまわりのことで問い直し、自分の言葉で考える自問自答の姿勢は身につけていきたいもの。なんだかこのぼんやりとした文章が僕の考えてなさを表してそうですが、この特集はとても分かり易いのでおすすめです。
102010iwanbaan.jpg

Iwan Baanという建築写真家のHPにアトリエ・ワンの「マウンテン・ハウス」がのっている。この写真の、通路にはさまれているこぢんまりとした空間に本棚とベットがあるところにとても惹かれた。「図解 アトリエ・ワン」に図面が載ってるので見てみると、寝室が4つあって、写真にうつっているのが開放的な居間に面した寝室3。なにがこんなにいいんだろうと個人的に解析してみる。「開放的な居間に面してる、ニッチ」「スケール」「写真に写ってるひとが電話しているけど、‘なんだかソファーがでっかくなったところ’のように使っていること」「通路にはさまれていること。通路ひとつになったら魅力半減」など。つまり、家具的なことと通路や居間に面してるニッチ感がいいだろうと判断。いいなー。ちなみに住んでるのはあのmike millesらしい?
僕が小・中学生のころ住んでいた木造の借家は、こぢんまりとした部屋がいっぱいあって、僕の部屋(4畳)のとなりにおなじく4畳くらいの部屋(ご飯食べるところ)その横にキッチン、そのよこに、、。と小さい部屋が数珠つながりのように連続していた変なプランの家だったが、いま思い出すとなかなかよかった。ちなみに、この前近くを通った時にはもう壊されてて、新しい家が建ってた。
ピクチャ 11

ピクチャ 13


twitter使い始めました。なまえはngtmwです。まだ一言もつぶやいていませんが、いろんなひとのつぶやきを追っていくだけでおもしろい。それよりも、孫正義さんがすごい。写真をよく読んでください。青くなっているところ。(インターネットで文章読むときって、青く選択して読んだらしっかり腑に落ちる。その他はするーっと流れていくというのがインターネットの文章の持つ特徴。というか、ついったーが流すのを基本にした特徴か。)つぶやいているのは、昨年ワークショップでお世話になった方です。孫さんもつぶやいてます。あと、最近のつぶやき「言い訳は、解決への執念を鈍らせる。」これは、、、。孫さんすげえ、、、。それと余談ですが、ブログとかツイッターで書いてあることを直接会って話すのってなんか変な違和感があるのは僕だけなんでしょうか?たとえばAさんがブログで書いてたことを、Aさんと直接はなす。これになんか違和感。話したいんだけれどもなんか違和感。話してもいいの?

ajicoとUAとブランキーとrediohead聞きながらラスト・スパート。
ここになってようやく見えてきた!楽しくなってきた!

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。