上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「私は別に休みにきたわけじゃないのよ。泳ぎにきたの。」

って、実際言っているわけじゃないですが、
プールで1時間以上1回も足をつくことなく泳いでいる方がいました。
驚愕。

「きついけど、まだ動く」

“きつい”はどうしようもないことだけど
“まだ動く”はこちら次第
この前読んだ本に書いてあった、とあるランナーが答えたというマントラみたいなもの。
納得。
スポンサーサイト
090831kakumet.jpg

kakumet
スタッキングできるヘルメット。2つ欲しい。
秘密
東野圭吾(著)

寝る前に50ページほどと思い、読みはじめたのはいいのですが、
話の展開にかなり動揺させられ、終始心臓をギュッて
直接手で握りつぶされているような胸の詰まる状態。
むろん全く寝れず。結局朝方までかけて読み終えました。
読んだあとも放心状態。そのあとも寝れず。

妻と小学五年生を乗せたバスが崖から転落。
妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、
死んだ筈の妻だった──。出版社/著者からの内容紹介

という話の設定は、日常的には起こりえないものなのですが、
その設定でも、というよりもむしろその設定だからこそ
浮き出てくる心の揺らぎを描いた著者の想像力にびっくりです。

読んでよかったかどうか、この作品が好きかどうかはまだ分かりません。
ただ、読んだことで大きく揺さぶられました。
是非、読んでみてください。


旧来のフォークを好むファンのブーイングに対して、
大音量でロックを演奏するボブ・ディラン(詳しくはwikipedia参照)
090824甲子園

高校球児たちはみんな誇り高い。
千倉 志野さんという写真家が気になる。
090819library.jpg

調べものをするために図書館の書庫へ。
10?15年前の建築雑誌には、現在活躍されている方たちのコンぺの入賞案がぞろぞろと。当たり前なんだけど、そんな事実に愕然。
遡って読んでいけば、もう何年も前から、いろんなことが考えられている。
学生のうちに読めるだけ読んでおこう。

当時の月評は辛口で面白いです。
090311庇

気になる大良さんの庇
本や食材その他諸々を買うとき、
なるべく地域で個人で出されているお店で
買い物をするようにしました。
走ることについて語るときに僕の語ること
村上春樹(著)

とてもいい本を読みました。
書き出しに、“真の紳士は健康法と別れた女については他言しない"。
著者といい、僕の知っている建築家の方といい、
凄いなと思うひとはみんな身体がしっかりしている。
まさしく心技体。
090810青島

090810ジャングル

090810運玉

宮崎に帰ってきました。ものすごく暑かった。
090818monkeys fist

旅行先のロンドンで見かけたドアストッパー。
“monkey's fist”と言う名の結び方で、船のアンカーとして使われていたものだそうです。
飾り気がないところが非常に気に入ったんですが、とても高くて貧乏旅行者(学生)としては、とても手が及ばず。当時1ポンド=230円!!!

忘れかけてた頃に、これの小さいキーホルダーを頂きました。
いま、鞄についてます。
0908007福岡市美術館

福岡近代建築ツアー(MAT)のお手伝いを初日だけしました。
写真は前川國男さん設計の福岡市美術館。
一般の方々も熱心に聞いてくださり、
建築文化の普及にはとてもいい機会だったと思います。

周囲の環境にあわせて、分散されたボリュームと
大濠公園からアプローチするエスプラナード(遊歩道)は、
人間のスケールがよく考えられており、
とてもよく設計されていると改めて思いました。


『未来世紀ブラジル』/テリー・ギリアム
強烈な皮肉。最初見たときは寝たけど、今なら、笑えます。
デ・ニーロ扮するタトルが“サービス”に属さずに“もぐり”の修理工として現れたときに
 ― 書類が嫌いなんだよ 暖房が爆発しかかっている時に“修理伝票27B”を書いていられるか?
 ― 体一つでどこへでも飛んでいく 書類に縛られるのは真っ平だ
ってコミカルに言うところがいい。

ちょっと違うけど最近知ったサルトルの言葉
 ― 飢えた子供の前で、文学は何ができるか?
この言葉を肝に銘じて仕事をしたいです。
090805DSC_0001.jpg

神殿のような建ちかた。

「建ち方としてはものすごく独立的に建つし、同時に周りを美しく見せるということにもすごくよく配慮していると思うんですけど」 妹島さん
胸を斜め45度上方に向ける意識をするとよい姿勢が保てると、
いつも姿勢のいい後輩に教わった。彼女はとても上品だ。
姿勢がきれいだと、よりきれいにみえる。
身体を意識(デザイン)する。
何気ないことに意識を配ること、
白いTシャツにアイロンをかけて着る。
白いスニーカーをピカピカに磨いて履く。
それが、とてもお洒落だと思う。
(でも、家にはアイロンない、、。次の給料で買うか。)


遠くに見える、大濠の花火がちらっとみえたあと、1日だったので映画館へ。
あこがれの先輩から、フィアンセ役を頼まれるなんて
全く現実にはあり得ない状況なんだけど、男なら誰もが夢見る状況。笑
楽しめました。おばあちゃん家がとてもでかくて気持ち良さそうだった。


梅雨は明けたのか?
傘をもって出かけなくてよくなるのが嬉しい。


最初のタイトルとか、セットのうしろの文字のフォントがいい。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。