上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
091030木造アーチ3

091030アーチ2

091030アーチ

去年、牟田くんたちがつくった木造アーチの、新設作業をお手伝いしました。
去年は余裕なくてみれなかったけれど、とてもいいです。
伊都にあります。
スポンサーサイト

とある著名人のブログで知りました。
すげー!
080528fontainas.jpg
日曜だからと思って、某店でコーヒーを買った。
店員がとっても機械的な働きをしている。
コーヒーの呼び方も機械的だ。

ここでふと、ベルギーの僕の部屋の下にあったfontainas cafeを思い出す。
日本と違ってヨーロッパはやっぱりいいよねって話はしたくないのだけれど、
カフェはやっぱり向こうの文化だから、向こうの方が豊かだ。
向こうでコーヒーを頼んだら、店員さんとおしゃべりをする。
友達とおしゃべりをする。たまには隣の人を巻き込んで。

日本のチェーン店にそれは求めないけど、
なんだかただコーヒーを消費しているだけのような気がする。
日曜日に行ったからよりそう感じたのかもしれない。
月曜日の朝だったら、あれでいいのかも。

みんなでご飯を食べるときに一口ごとに箸を置いていることを
この前指摘された。そういうダイエット法もあるらしい。
ダイエットももちろん考えないといけないけれども、
なんか、食事をただのエネルギー摂取にしたくないのだ。

そのよる家に帰って独りでご飯を食べてたら、
あんまり箸を置かないことに気がついた。
アインシュタインの?ではない。

googleで検索かけたら、
アインシュタインを押しのけて、トップに表示される。

以前から後輩に薦められていたのだけど、
理由は特にないけど、聞かず嫌いをしてた。

聞いてみて、びっくり。
梶井じゃないけど、相対性理論の歌も
理科実験だ。頭に残る音楽です。
「えたいの知れない不吉な塊りが私の心を終始圧(おさ)えつけていた」

『檸檬』の作者である。
梶井基次郎は文章も理科系なのだ。化学反応なのである。
と書いている松岡正剛氏の文章にははっとする。
本当に梶井基次郎の文章から受ける印象は化学反応みたいだ。

「丸善の棚へ黄金色に輝く恐ろしい爆弾を仕掛けてきた奇怪な悪魔が私で、もう十分後にはあの丸善が美術の棚を中心として大爆発をするのだったらどんなに面白いだろう」
土居先生のブログをチェックしたら、
今月の新建築の表紙にもなっている、
三菱一号館について書かれていた。

三菱一号館について

この前のワークショップの敷地にも
明治時代のワイン蔵があった。
文化財に指定されており、保存することが
条件としてだされていた。

新たに市役所や公園のデザインをしなければ
いけなかったのだけれども
正直どうこの歴史を扱うは最後まで分からなかった。
その地は、明治以前に更に遡れば、
谷戸という地形が広がる自然だった。

どの時点を歴史とするのか。
時点ではなく、その重なりを見ないといけない
のだろうけど、難しい。

菊竹さんの出雲も見に行かなきゃ。
060929fondel park
できるビジネスマンは土曜の朝は走る。
ちなみにオランダ人は蛍光色のベストを着て走る。
工事現場の人が着るような。工事現場の人ももちろん着る。
自転車に乗る人もこれを着る。
080627AMS.jpg
Herman Hertzbergerの自宅付近の公園でサンドイッチを食べた。
大きな木が子供をあやすおじいちゃんにみえてくる。
羽のない扇風機
飛行機の翼のと同じような断面を持つリングに
空気を流すことで周りの空気を取り込む仕組み。
080412fiat500.jpg
車止めの間もすいすい通れるfiat500。
ステッカーを貼って乗りたい。
=====================================================

      ◇◇ 東京マラソン 抽選結果(落選)のお知らせ ◇◇

=====================================================
ナガトモ ワタル 様
受付番号:xxxxxx

このたびは東京マラソンにご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり厳正なる抽選を行いましたところ、
誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

--------------------------------------------------------------------------------

がーん。追加当選を祈る!
haarlem station
オランダのHaarlem Station
天井が高くて気持ちがよい。
これなら100年以上は残る。
091010大濠公園
誕生日プレゼントでiPodを頂いたので、10km走ってみた。
10km=大濠公園5周
計測ミスったけど1時間は切ってたと思う。
淡々と足を前に出していく。
071007marche.jpg
ブリュッセルのアンティーク(がらくた??)市
ワークショップ期間中尊敬する講師の方に、
さまざまなアドバイスを頂きました。
そんななかでも心に残っているのは、
「想像力をどうめぐらしていくか」ということでした。

日頃、僕たちはどんなカタチにするかということを
考えています。でもそんな矢先
「デザインの話はいいから」と、
尊敬する先生に止められました。
彼が聞きたかったのは、
それを住民がどう使い、どう管理し、
それができることでどんなことが大変になるか
といったことでした。
『デザインは人の好き嫌いがあるから、好きにやって』
とまで言われる始末。
もちろんここで使っているデザインとは
<カタチ>だけの‘デザイン’のこと。
“もっと、想像力を駆使するべきだろう。”
といわれているように思います。

デザインすることは直接、
物ができることにつながります。
そのものは、使う人、周りの人に
どんなことをもたらすのか、
希望論ではなく、至極現実的に考えていくこと。
それが、デザインするものの持つべき
大きな責任であると学びました。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。