上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「えたいの知れない不吉な塊りが私の心を終始圧(おさ)えつけていた」

『檸檬』の作者である。
梶井基次郎は文章も理科系なのだ。化学反応なのである。
と書いている松岡正剛氏の文章にははっとする。
本当に梶井基次郎の文章から受ける印象は化学反応みたいだ。

「丸善の棚へ黄金色に輝く恐ろしい爆弾を仕掛けてきた奇怪な悪魔が私で、もう十分後にはあの丸善が美術の棚を中心として大爆発をするのだったらどんなに面白いだろう」
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。