上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワークショップ期間中尊敬する講師の方に、
さまざまなアドバイスを頂きました。
そんななかでも心に残っているのは、
「想像力をどうめぐらしていくか」ということでした。

日頃、僕たちはどんなカタチにするかということを
考えています。でもそんな矢先
「デザインの話はいいから」と、
尊敬する先生に止められました。
彼が聞きたかったのは、
それを住民がどう使い、どう管理し、
それができることでどんなことが大変になるか
といったことでした。
『デザインは人の好き嫌いがあるから、好きにやって』
とまで言われる始末。
もちろんここで使っているデザインとは
<カタチ>だけの‘デザイン’のこと。
“もっと、想像力を駆使するべきだろう。”
といわれているように思います。

デザインすることは直接、
物ができることにつながります。
そのものは、使う人、周りの人に
どんなことをもたらすのか、
希望論ではなく、至極現実的に考えていくこと。
それが、デザインするものの持つべき
大きな責任であると学びました。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。