上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"If I have seen a little further it is by standing on the shoulders of Giants."
もし私が、より遠くを眺めることができたとしたら、それは巨人の肩に乗ったからです。

僕がまだ高校生の頃。確か2年の頃。
ノーベル賞受賞者3人の講演会に行った。確か一人で。
数学とか、物理とか大好きだったから。たぶん。
その時に、話題に出てきていた有名なアイザック・ニュートンの言葉。ふと思い出した。
今調べたら、この言葉には諸説あるらしいが、それはおいといて。

巨人の肩はいうまでもなく、これまで積み重ねられてきた科学者たちの功績である。
巨人の肩に上るのは、「より高みに登る」ためではなく、「より遠くを見通す」ためである。
これは、デザインするときに歴史に学ぶ理由である。
やっぱりその分考え込まれている。でもそれを繰り返してはいけない。
自分の解釈と、現在の社会を反映させたとき、奥行きのあるものができる。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。